トモベジ Times

食と地域の交流点Blog | TOMODACHIno-Veggie , FOOD , LOCALITY

スーパーフードの新星?!アメリカで人気のタイガーナッツの魅力と食べ方

最近の食品ではない?タイガーナッツの歴史

最近アメリカで新たなスーパーフードとして注目を浴びていて、最近、日本でも知られ始めているタイガーナッツ。実はこの食品は最近よく食べられるようになったわけではないようです。

f:id:tomodachino-veggie:20161026225551j:plain


実は以前から食べられている?子供も大好き!タイガーナッツの過去
タイガーナッツは1950年代~1960年代に子供のお菓子としてよく食べられていたのようです。その当時、アメリカのお菓子屋さんではタイガーナッツが子供のおやつとして普通に売られていたそう。
そして、北アフリカやスペインでは昔からおやつとして食す習慣があり、実は最近食され始めた食品ではないのです。

 

 スーパーフードとして再び注目に!

過去に子供のおやつとして子供たちに愛されたタイガーナッツ。今、タイガーナッツはその素晴らしい栄養価に注目が集まり、スーパーフードの新星となりつつあります!美容や健康の最先端を行くアメリカで健康食材として人気を集めています。

 

タイガーナッツの何がすごいの?

タイガーナッツには鉄分、カリウムマグネシウム、ビタミンCとビタミンEが豊富に含まれています。でもナゼここまで注目を集めているのか、何がスーパーなフードか、特徴を見ていきます。

美容、ダイエットに効果がある

タイガーナッツの実の内、30%が食物繊維です。この含有量はオーツやブラン、大体の野菜や果物よりも多いです。この豊富な食物繊維により腸内をきれいにするため、美容にもいいですし、空腹になりにくくなるため、ダイエット効果も期待できます。

血圧を調整する

タイガーナッツにはアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸の中でもアルギニンという成分が多く含まれており、このアルギニンは高血圧などに有効なアミノ酸といわれています。

マグネシウムが豊富

タイガーナッツに豊富に含まれるマグネシウムという栄養素は筋肉生成を助け、神経機能、免疫機能に働きかけます。また、マグネシウムは脈拍を正常にし、血圧を正常なレベルにする働きもあります。

たんぱく質が豊富

たんぱく質は筋肉、皮膚、そして骨を形成するために必要な栄養素です。タイガーナッツにはそんな良質なたんぱく質が豊富に含まれています。植物性たんぱく質の中で一番といっていいほどたんぱく質を多く含みます。

血糖値の数値を正常にする

タイガーナッツには不溶性食物繊維が多く含まれています。その不溶性食物繊維血糖値の上昇を防ぎ、血糖レベルを一定に保つ働きがあるため、糖尿病の人によって必要とされる成分です。

牛乳の代用になる

牛乳はカルシウムを豊富に含む食品ですが、乳製品に含まれるラクトーゼによって体が不調になる人もいます。そんな人はタイガーナッツで作ったミルクを飲むと牛乳と同じようにカルシウムを摂取することができます。

ビタミンEが豊富に含まれる

ビタミンEフリーラジカルからのダメージから体を守る作用があるといわれています。フリーラジカルから守られることにより、ガンを防ぎ、老化を遅らせる効果があるといわれています。

良質な脂質を含む

タイガーナッツにはオリーブオイルに似た良質な脂質を含みます。タイガーナッツの脂質は80%が不飽和脂肪酸で、コレステロールの原因になる飽和脂肪酸はたった18%しか含まれていません。良質な脂肪を摂取することでダイエットにも効果があります。

様々なビタミンを豊富に含む

上記でビタミンEを豊富に含むことによる効果を述べましたが、その他にもビタミンⅭ、カリウム、ミネラル、リンなども豊富に含みます。ヨーグルトにタイガーナッツの粉末を加えることにより栄養効果を高めることができるといわれています。

栄養失調に有効な万能食品

タイガーナッツは様々な栄養が豊富に含まれる、スーパーフードです。この豊富な栄養が含まれたタイガーナッツはほかの主食に比べ低価格で栄養価の高い食品であることから、発展途上国で栄養失調の人に与えることが検討されています。

 

タイガーナッツの食べ方

タイガーナッツの栄養素や健康への素晴らしい効果は前述の通りですが、実際にタイガーナッツをどう食べればいいのでしょうか?毎日そのままお菓子として食べるのも良いですが飽きてしまいます。〝牛乳の代用品になる″ということを述べましたが今回はタイガーナッツミルクの作りを紹介します。

★栄養満点!タイガーナッツのミルク
材料:
生のタイガーナッツ 2カップ(400g)、水 4カップ、海塩 1/4ティースプーン、タイガーナッツをピューレ状にする時に少量の水
作り方:
    1.    タイガーナッツをボールあるいはメイソン・ジャーに入れ、海塩を入れる
    2.    1に水を加え、ラップなどをして、24~48時間冷蔵庫で寝かせる(より長く寝かせる方がタイガーナッツが柔らかくなり、ピューレ状にしやすくなります。)
    3.    寝かせ時間が終了したらタイガーナッツの水をきり、よく水洗いする
    4.    ミキサーにタイガーナッツ、水2カップを入れる(この時にお好みでバニラ、はちみつ、メープルシロップ、シナモン、ナツメグなどを加えてもおいしいです。)お好みのミルクの濃さにするために、最初は水を少なく入れ、後で好きな濃さに調節するのも良い
    5.    滑らかでクリーミーな状態にするために、ミキサーを高速で約2~4分かける
    6.    ミキサーにかけたものを木綿などに入れて濾し、タイガーナッツのピューレ状の部分とミルクの部分を分ける
    7.    濾してピューレ状になったタイガーナッツを再びミキサーに入れ、さらに水1~2カップを入れて数分ミキサーにかける
    8.    1回目にミキサーにかけたものと同じように木綿などで濾して、タイガーナッツのピューレ状の部分とミルクの部分を分ける
 

1回目と2回目に濾したミルクを混ぜても良いですし、分けて保存してもいいです。1回目に濾したミルクの方がよりクリーミーで濃厚です。
冷蔵庫で3~4日保存できます。そして、残ったタイガーナッツのカスはスムージーに入れてもそのまま食べても良いです。

f:id:tomodachino-veggie:20161026225617j:plain

まとめ

今やスーパーフードとして注目を集めているタイガーナッツの知られざる歴史から栄養、そして食べ方を紹介しました。まだ日本では外国の食料品を売るお店などでしか目にしませんが、今回紹介したような栄養素はとても魅力的です。ぜひ、試してみてくださいね。