読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トモベジ Times

食と地域の交流点Blog | TOMODACHIno-Veggie , FOOD , LOCALITY

バルセロナで今最も人気のベジタリアン・レストラン、”Teresa Carles”

バルセロナのレストラン事情

バルセロナはスペインの中でも流行の最先端を行く都市です。外国人観光客、はたまたバルセロナで生活をする外国人も多くいます。町を歩けば様々なレストランを見つけることができます。そしてどのレストランもとってもおしゃれ。メニューの内容もスペイン料理はもちろんですが、流行に敏感な都市ならではの洗練されたレストランも多く見かけます。スペインの食事は日本人の私にとっては塩気が強かったり、油くどかったりするのですが、バルセロナには健康志向のレストランも多く存在します。

 

バルセロナで人気のベジタリアンレストランTeresa Carles

流行の最先端を行く洗練された都市バルセロナで今最も人気のあるベジタリアンレストランが“Teresa Carles(テレサ カルレス)”。1979年から健康食品を提供しています。コンセプトはおいしくて、健康的で、継続できる食事。現在は140人の従業員がおり、従業員皆が健康的な食事で人々の生活の質の向上を目標に日々情熱をもって働いています。ちなみに、お店の名前はシェフのTeresa Carlesから名づけられました。

f:id:lina-demackingy_t:20170220215058j:plain

 

ある日のランチタイム

予約なしでレストランを訪れた筆者。時間は午後3時。お店の前には大勢の人がいて驚きました。日本のベジタリアンレストランでこんなに賑わっている光景は見たことありません。結局、予約の表に名前を書いて待つこと1時間。やっと入ることができました。

f:id:lina-demackingy_t:20170220220418j:plain

 

ランチメニュー

ランチメニューは3タイプから選べます。1つ目は前菜+メインで10.50€、2つ目はメイン+デザートで11.95€、3つ目が前菜+メイン+デザートで14.45€です。それぞれ前菜、メイン、デザートはメニューリストから選びます。メニューの内容は2日ごとに選べる品が変わります。今回は3つ目の前菜、メイン、デザートのセットのランチをご紹介します。

前菜:Crema de calabaza con leche de coco y jengibre(カボチャのスープ)

店員さんにお願いしてお勧めの品をチョイスしてもらって出てきたのがこちら。Crema de calabaza con leche de coco y jengibreは日本語にするとココナッツミルクとショウガを使ったカボチャのスープです。今はカボチャが旬の時期を迎えており、旬の野菜を使ったお勧めのスープ。この温かいスープは体に優しくほっこりします。ショウガの味も全然気にならず、コクもうま味も十分あっておいしく頂きました。

f:id:lina-demackingy_t:20170220215542j:plain

メイン:Tortilla casera de alcachofas con tomate concasse al pesto de albahaca(トルティージャ)

このメインの1品もお店のおすすめの1品。スペイン風オムレツ、トルティージャ。卵不使用でアーティチョークを使用した自家製のトルティージャにバジルペーストと角切りトマトを添えたものです。通常のトルティージャは厚めにスライスしたジャガイモを油で揚げた後、卵と一緒にしてオムレツにするため、かなり油を使用してます。通常のトルティージャなら1枚丸ごと食べきれませんが、こちらのベジタリアントルティージャは厚みがないこともあり、食べごたえも十分ですが、重たくなく、1枚完食できます。

f:id:lina-demackingy_t:20170220215637j:plain

デザート:Compota de frutas (manzana, pera, uva, canela y cardamomo) con yogur de soja quemado

最後に出てきたのはCompota de frutas (manzana, pera, uva, canela y cardamomo) con yogur de soja quemadoというデザート。リンゴ、洋ナシ、ブドウ、シナモン、カルダモンのコンポートに豆乳ヨーグルトをかけ、火で表面を炙ったもの。デザートはケーキ、フルーツ、ヨーグルトのカテゴリーがありますが、お店の人によると、食事の後にデザートをすっきり食べたい場合、フルーツのカテゴリーのデザートを選ぶのがおすすめとのこと。フルーツがたっぷり使ってあり、甘いですが、ヨーグルトと一緒になるとマイルドになってとってもおいしかったです。

f:id:lina-demackingy_t:20170220215757j:plain

 

コールドプレスジュースも購入可能

Teresa carlesではコールドプレスジュースを購入することができます。もちろん、食事の時にオーダーすることも可能です。なんと25種類ものブレンドされたコールドプレスジュースがあります。美容、ダイエット、デトックスエナジードリンクなど自分の健康で気になる内容に応じでドリンクを選ぶことができます。筆者がいくつか試してみました。ちなみにこのコールドプレスジュースはオンラインショップでも購入可能でスペイン国内は24時間以内に配達できるのだそう。ただし、賞味期限が非常に短いためスペイン国内のみの販売となっています。スペインに長期滞在される方はオンラインで購入してみるのもいいですし、旅行でバルセロナに行くならお店で直接購入するのもいいですね。

f:id:lina-demackingy_t:20170220220341j:plain

Green medicine

このジュースは血液を浄化する効果が期待できるそうです。洋ナシ、ブドウ、キュウリ、ケール、ホウレンソウ、パセリ、レモン、タンポポが含まれています。正直な意見ですが、青臭さはあります。でも、添加物など不使用であるからこその味ではないでしょうか?賞味期限も翌日までと、フレッシュなリンクであることがうかがえます。

Detox

その名もDetox。名前の通り、デトックス効果の期待できるジュース。材料はキュウリ、ニンジン、セロリ、ローマンレタス、ビーツ、ホウレンソウ、ケール、イラクサです。このドリンクの色はビーツの色です。ブドウジュースをイメージして飲みましたが、全く異なり、とても複雑な味でした。好き嫌いが分かれるドリンクかもしれません。

Green Slim fit

このジュースはダイエットをしている方にお勧めのジュース。消化器官の向上効果があるのだそう。ジュースにはリンゴ、ホウレンソウ、パセリ、ショウガ、レモン、フェンネルルッコラ、パセリが含まれています。このドリンクはショウガの味がいい感じに聞いていて、レモンとリンゴの甘みがとっても飲みやすいジュースでした。

Horchiata

これはスペインでは夏によく飲まれているHoruchataを健康的にアレンジしたもの。もともとHorchataに使用されているchufaという豆のような野菜は栄養価が高く、世界的にも衆目されている食材です。このドリンクは骨を丈夫にする効果が期待できるのだそう。ドリンクには浄化された水、チュファス、アガベ、チアシードが含まれています。このドリンクはタピオカミルクのようでとっても飲みやすくおいしかったです。

 

まとめ

いかがでしたか?バルセロナの最も人気のあるベジタリアンレストラン。レストランの場所はPlaca de Catalunyaから少し歩いたところにあります。また、Lleidaという街にも1店舗あります。お店を利用する場合は事前の予約をお勧めします。

 

ご参考

Teresa Carles Healthy Foods

ジュースのオンラインショップ:

Teresa's Juicery

 

]

旬を迎えたオレンジの産地、バレンシアのオレンジ事情

今旬を迎えているバレンシアのオレンジ

筆者の住むスペイン・バレンシアは11月から12月現在、オレンジやミカンが旬の時期を迎えます。オレンジの原産国でオレンジはどのように食されているのか徹底取材しました。ご家庭でもできるオレンジのレシピも注目です。

 

バレンシアオレンジの原産国はアメリカ?

スペイン・バレンシアといえば日本でも知られているバレンシアオレンジを連想される方も多いのではないでしょうか?実はバレンシアオレンジという名称のオレンジはアメリカのカリフォルニア州サンタアナが原産国なのだそう。とは言え、バレンシアはオレンジの産地であることは事実です。

 

 

旬を迎えたバレンシアのオレンジ

日本ではオレンジ1個で約80~90円すると思います。輸入していることもあり、価格はスペインに比べて高いです。オレンジの原産国のスペインではどのようにオレンジが売られているのかご紹介します。

日本ではありえない?!豪快な販売と価格

スペインでは野菜や果物を日本のように1個~円という売り方ではなく、豪快に1Kg~円という販売方法です。ほしい分だけビニール袋に入れて設置されている計りにかけます。価格を算出したバーコードシールが出てきてそれをビニール袋にペタリとつけます。

バレンシアの大手スーパー2社のオレンジを比較

バレンシアには2つの大きなスーパーがあります。一つはConsum,もうひとつはMercadonaというスーパーです。筆者は品物によってそれぞれのスーパーを使い分けています。この二つのスーパーでどのようにオレンジが売られているのか紹介します。

Consum(コンスム)

Consumではいくつかの種類のオレンジが売られています。Mercadonaに比べてオレンジの種類が多い気がします。一個から量り売りしているタイプのもので一番安いオレンジで95センティモ/Kg(約100円)から販売されています。筆者がConsumへ行った日は袋売り(10個入り)のオレンジが99センティモ(約120円)になっていました。日本で10個オレンジを買うと800円ほどでしょうか?さすが、オレンジの町バレンシアです。

f:id:lina-demackingy_t:20161224113522j:plain

Mercadona(メルカド―ナ)

Mercadonaでも一個からの量り売りと袋売りのものがあります。オレンジの種類はConsumに比べて若干少ないです。ですが、Mercadonaのオレンジの袋売りがとっても豪快。筆者が訪れた日は6kg(約20個)の袋売りが4.50ユーロ(約550円)。思わず購入してしまいました。そしてMercadonaではその場で搾りたてのオレンジジュースを購入することができます。オレンジが売られているコーナーにオレンジ搾り機が設置されており、その場でオレンジを絞って持って帰ることができます。お値段は1L約350円、500ml約215円です。

f:id:lina-demackingy_t:20161224113543j:plain

f:id:lina-demackingy_t:20161224113614j:plain

 スーパー以外で買うのもおすすめ

バレンシアには八百屋さんのようなお店がたくさん点在しています。スーパーの商品に比べると見た目はよくないものもありますが、品質はあまり大差ないように見えます。こちらの方がさらに安く購入することができます。

 

 

オレンジ狩り

バレンシアにはオレンジ園でのオレンジ狩り体験のできる農園があります。そこで実際にオレンジを収穫でき、農園で生産されているオレンジの関連商品を購入することもできます。バレンシアに訪れることがあったら観光の一環としてオレンジ農園を訪れるのもまた一味違った体験ができて面白そうですね。

 

 

バレンシアのオレンジのカクテルと簡単オレンジスイーツのレシピ

バレンシアでの食し方

バレンシアでは特に調理をせずにそのまま食べるのが一般的です。また、上記でも紹介したように、オレンジが安くたくさん手に入るため、朝食に搾りたてのオレンジジュースを飲むことも多いです。またレストランでもオレンジジュースを頼むと搾りたてのものが出てきます。グラス1杯のオレンジジュースを作ろうとするとオレンジ2~3個は必要です。オレンジが安く手に入らない日本ではちょっと贅沢な飲み物ですね。また、バレンシアにはAgua de Valencia(アグア デ バレンシア)というオレンジを使ったカクテルがあります。今回はAgua de Valenciaの作り方とバレンシアのオレンジのサイトで紹介されているオレンジのスイーツのレシピを紹介します。

Agua de Valencia

材料:(4カクテルグラス)
オレンジジュース180ml、カバあるいはシャンパン70ml、ウォッカ10ml、ジン10ml、砂糖 お好み、氷 適量

  1. オレンジを180ml搾ります(100%オレンジジュースでもok)
  2. オレンジジュースにカバあるいはシャンパンを70ml加えます。
  3. ウォッカとジンをそれぞれ10mlオレンジジュースへ加えます。
  4. お好みで砂糖を入れます。
  5. 上記に氷を入れたら出来上がり。

 

f:id:lina-demackingy_t:20161224113510j:plain

 

Cuajada de Naranja (クアハダ デ ナランㇵ)

材料:(2人分)
スキムミルク600ml、砂糖50g、オレンジ1個、クッキー10枚、バター30g

  1.  バターを常温に戻しておきます。オレンジの皮部分を少しすりおろし、実の部分はミキサーにかけます。
  2. 牛乳を鍋に入れ、オレンジの皮のすりおろしたものとミキサーにかけた身を入れ、沸騰する寸前まで温めます。
  3. 火からおろしたら砂糖を加えて混ぜ、沸騰させ8分そのままにします。
  4. クッキーを砕き、バターと混ぜ、容器の下に敷き詰めます。
  5. 容器に3を注ぎ、冷ましたら完成。

f:id:lina-demackingy_t:20161224113804j:plain

 

 

まとめ

いかがでしたか?日本は寒さの続く毎日と思います。オレンジはビタミンⅭも豊富ですので、風邪予防にもぜひたくさん食べてくださいね。また今回紹介したAgua de Valenciaはクリスマスやニューイヤーなどのお祝い事にもピッタリのカクテルです。ぜひ、お試しあれ。


【オレンジ園での体験ツアー】http://www.matafruitnaranjas.com/#


【オレンジレシピのサイト】http://www.naranjasdelturia.com/?tag=naranjas-dulces

スペインはバレンシアで人気のベジタリアン・レストラン第1弾 ”OSLO”

日本の食へこだわりは世界的にも認められていますね。SUSHI(寿司)が他国でも浸透しているのがその現れのひとつではないでしょうか。筆者の住むスペインもベジタリアングルテンを気にする人が多くいるようです。そんなスペインーバレンシアにはベジタリアンレストランとして有名なお店が数軒あります。2回にわたってそれらのレストランを紹介します。

スペインのレストラン事情

スペインといったらハモン、イベリコ豚、パエリア等々お肉を使ったおいしい料理が有名ですね。町にはBAR(バル)やレストランが多く存在し、タパスなどのスペイン料理バレンシア料理を楽しむことができます。お肉や魚介料理のイメージの強いスペインですが、ベジタリアンの人も多く存在します。ベジタリアン専門レストランでなくとも、自然食品にこだわったお店も多く存在します。スペインにも食品に強いこだわりを持っている人がいるということがうかがえます。

 

バレンシアで有名なベジタリアンレストラン、”OSLO”

そんな食にこだわりを持つスペイン人に応えるように、バレンシアにはベジタリアン専門のレストランとして有名なお店があります。その名も“OSLO”バレンシアの中心地の中でもホットなエリアCarmenにお店を構えています。バレンシアベジタリアンレストランといったら必ずと言っていいほど、このお店の名前が出るくらい有名なお店です。

 

f:id:lina-demackingy_t:20161202020915j:plain

 

 

OSLOでのランチのひととき

スペインでは、ランチは1日の食事の中で一番重要な食事とされています。そのせいか、ボリュームもあります。1皿目、2皿目、デザートといったコース料理が定番です。それぞれ複数のメニューから好きなものをチョイスできます。OSLOでは最初のプレートはみんなで分け合う1品で2品目が一人ひとりのプレート、最後にデザートといったスタイルのランチで18ユーロ(日本円で2,000円ほど)です。今回はそんなOSLOでランチに食べれるお勧め料理とお勧めの品を紹介します。

 

 

続きを読む

注目のスーパーフード“ケール”の簡単レシピ

 日本でも注目されているスーパーフード“ケール”

見た目はホウレンソウのような野菜です。日本ではパウダー状のスムージーに入れるものは目にするようになりましたが、生のケールはまだあまり目にしませんね。でも、もし生のケールを手に入れたらどう料理したらいいのかな?と悩んだりしませんか?せっかくならおいしく頂きたいですよね。
そこで、今回は日本で手に入る材料でできる簡単でおいしい“ケールチップス”のレシピをご紹介します!

 

f:id:tomodachino-veggie:20161026224132j:plain


-スーパーフード、“ケール”ってどんな野菜?-

続きを読む

★Paella(パエリア)発祥の地、バレンシアで見つけたバレンシア人が予約して行くレストラン“Llar Roman”

パエリア発祥の地

日本では意外と知られていないのですが、筆者の住むスペイン・バレンシアはパエリア発祥の地です。Paella Valenciana(パエリア バレンシアーナ)という鶏肉、ウサギのお肉、エスカルゴ、さやエンドウ、ソラマメ、インゲンなどの入ったパエリアがバレンシアの伝統的なパエリアです。今回はバレンシア人家庭の人から聞いた、本格的なパエリアやその他にもおいしいスペイン料理が楽しめるレストランをご紹介します。


バレンシアの人々が予約して行く地中海レストラン、“Llar Roman”
今回ご紹介するのはスペイン・バレンシアにある地中海レストラン“Llar Roman”。このレストランは1987年に開店以来、伝統的なパエリアを提供しつつ、常に新しいものを日々探求し続けるレストラン。バレンシア人が予約してでも行くレストランで、お祝い事や大切な日にも使用されるおしゃれなレストランです。バレンシアといったらやっぱりパエリア。こちらのお店はパエリアを看板メニューとしていて、Paella Valencianaはもちろんのこと、野菜のみを使ったPaella Vegetales(パエリア ベヘタレス)やその他にも地中海料理らしい、野菜や海鮮をふんだんに使ったメニューが魅力です。

 

f:id:tomodachino-veggie:20161026221842j:plain

 

◌まずはAperitivo(食事の前に出るちょっとした品)
今回はスペイン人のご家庭のお祝い事に同行したため、総勢8人でのランチ。

 

続きを読む

モロヘイヤで作るイタリアおやつのゼッポレ

朝晩涼しい日が増えてきました。

スーパーや市場に並ぶ野菜もすっかり”秋”のものになってきました。こんにちは。出張料理人の副島 良雄です。

この度、一緒に仕事をさせていただいている繋がりで、TOMODACHIno-Veggie(トモベジ)さんのブログでレシピにまつわる記事を書かせていただくことになりました。

料理を作ることには少々自信はあるのですが、実は文章は苦手です。ですので、読みづらいことが多々あると思いますが、みなさんの食卓を作るためのヒントとエッセンスになれば幸いです。

何卒、よろしくお願いいたします。

 

では早速・・・

今回はトモベジさんに出店している農家さんの「 さいのね畑 」の旬のお野菜からモロヘイヤをチョイスして、レシピをご紹介します。

モロヘイヤのゼッポレ

ゼッポレって?という感じですよね。

ゼッポレはイタリアのカーニヴァルなどでは定番の甘い揚げ物のお菓子です。

ですが、ゼッポレは地域で味付けが異なります。例えばナポリのゼッポレはパスタクレシューテという名前でも呼ばれており塩味です。

(卵焼きの味付けがご家庭ごとに違う感じかな?と当時この料理を知ったときに僕は頭の中で理解しました笑)

f:id:soe-chef_t:20161029125625j:plain

レシピ

  • 炭酸水  ・・・・150g
  • 全卵   ・・・・1個
  • 強力粉  ・・・・150g
  • モロヘイヤ・・・・1束
  1. モロヘイヤ以外を混ぜて約1時間から2時間寝かせます。
  2. モロヘイヤを刻んで混ぜます。
  3. たっぷりの油で揚げます。
  4. 塩と胡椒をお好みでかけて出来上がりです。

おやつやお酒のおつまみにも。

もっちり、フワフワでモロヘイヤがちょっと苦手という方でも美味しく食べられますよ。アツアツのゼッポレを是非食べてみてください。

f:id:soe-chef_t:20161029134354p:plain

出張料理人、副島でした。

次回もお楽しみに!

 

Rose Waterの魅力@Spain

Locality Report World Beauty

Rose Water。これも少し前に流行ったものですが、今でも日本で買おうとすると若干お高めのものです。

こちらのメルカドで自然のハーブで作った石鹸などを売っているお店で見つけたので、それを紹介するのはどうかなと思いました。

Rose Waterでバラのようにきれいに?!スペインのメルカドで見つけたRose Waterの魅力。

f:id:tomodachino-veggie:20161026153120j:plain

 

★スペインのメルカドで発見、Rose Waterって?

スペインの南部に住み始めて数週間がたちました。スペインのメルカド(朝だけ空いている市場)に行った際にRose Waterを見つけました。日本でも少し前に話題になったと思います。そのRose Waterの魅力とメルカドにあるそのお店をご紹介します。

 

◇Rose Waterの魅力

Rose Waterはバラの花を蒸留してバラのオイルなどのエキスを花びらから抽出したものです。バラのエキスを抽出したものと聞いただけでも美容などによさそうな感じがしますね!基本的にRose Waterは食べるのではなく、お肌につけて使用します。お勧めの使用方法は夜寝る前にコットンパットなどにしみ込ませてお顔にパッティングです。夜使用することにより1日の蓄積された不純物を取り除くことができます。筆者は主にメルカドのお店の方に「メイク落としとして使ったら?」と勧められたので、メイク落としとして使用しています。

 

f:id:tomodachino-veggie:20161026153142j:plain

◌炎症を起こした肌、日焼けした肌に

バラのオイルには抗炎症作用があります。炎症を起こした肌や日焼けして赤らんでいるお肌につけるとお肌の炎症などに効果が期待できます。

 

◌赤みを抑え、シミを改善

Rose Waterには毛細血管を引き締め、毛穴を収縮させる効果があります。これによって顔の赤みを抑え、シミを改善する効果があるといわれています。

 

◌バラのアロマ(香り)でストレス軽減

バラの香りには不安な感情を取り除き、幸福感を促進する作用があるといわれています。就寝前にRose Waterをスキンケアに使用することにより、その香りでストレスを軽減しより良い眠りにつくことが期待できます。

 

◇スペインのメルカドにあるお店:La Jabonería

スペインは南部バレンシアは1年で暖房を使わない年もあるという比較的温暖な気候の都市。夏にはビーチで日焼けをするバレンシアっ子や観光客で賑わいます。そんな太陽がさんさんとしているバレンシア,紫外線でお肌が痛まないか心配です。日焼け止めもしっかり塗っても汗などで取れたらカバーしきれません。メルカドにある自然のハーブなどで作った石鹸などを販売しているお店その名も”La Jabonería”(石鹸屋さんという意味)にRose Waterが売られています。Rose Waterだけでなく他にバラを使った商品が売られています。場所はバレンシアの中心街にあるMercado Centralという市場にあります。午前中しか空いていないので、注意してくださいね。

 

f:id:tomodachino-veggie:20161026153157j:plain

Mercado Centralの地図